債務整理で困ったら迷わず相談しましょう

過払い金返還ナビでは過払い金の事を詳しく解説し払いすぎた金利の返還のお手伝いをいたします。


自分がブラックリストか気になる方に必見!

必見!融資率の良い消費者金融は?今すぐ借りれる!

とにかく今すぐ借りるなら! フクホー↓



自己紹介

はじめまして。

吉池和敏と申します。

年齢は34歳。

20代の時に多額の借金をしてしまいました。

その金額は、総額400万円。

現在は完済していますが、合計で幾ら支払ったか、覚えていません。

ある時、ニュースでグレーゾーン問題が流されていました。

「過払い金?」

当時、そんな言葉を聞いた事が無かった私は、何の事かもわからず、ただなんとなくニュースを見ていました。

すると、過払金請求を行うと、数十万・数百万円のお金が返ってくる!なんて内容の事をニュースで流れていたのを覚えています。

そして、自分ももしかしたら…と思い、行動を始めました。

まず、過払金とは何か。

そして、過払金請求とは何か。

当時、今ほど情報が無かったので、自分なりに必死に知識を集め、奮闘した結果、90万円もの金額が、過払金として支払われたのです。

私は個人で頑張りましたが、皆さんには、弁護士・司法書士に依頼する事をお勧めします。

本当に、大変でしたから…。

私の体験談が、皆さんの役に立てば、非常に嬉しく思います。

取引履歴を入手する。

私が当時借りていた金融会社は、金融業者A・金融業者P・金融業者Sです。

この三社は、当時法定利息を超えた利息を取っていたので、間違い無く過払い金返還請求が出来ると確信しました。

しかし、実際はそう簡単な事ではありませんでした。

まず行った事は、取引履歴を入手する事です。

当時の取引履歴を、入手するにはどうすれば良いのか…。

考えた結果、ただ単純に電話をしてみる事にしました。

すると、3社とも、問題無く取引履歴を郵送してくれるとの事。

取引履歴が届き、過払金の計算をすると驚き!

その金額は、90万円にも達していました…。

自分は90万円も余分に返済をしていたんだと考えた途端、3社に対しての怒りと、自分が無知だった事に対しての怒りが…。

これは絶対、意地でも取り返す。

私は、この時、必ず過払い金を返還させる!と心に決めたのです。

金融業者Aに連絡

取引履歴を入手した後、知人の助けを得ながら、過払金返還請求書を作成しました。

そして、金融業者Aの法務部に連絡し、どこへ送れば良いのかを聞き出しました。

金融業者Aは最初はスムーズに取引履歴を提出してくれたのですが、過払金返還請求書の送付先を教えて欲しいというと、誰かに相談したのかと聞かれたり、うちからお金を借りた感謝の気持ちは無いのか等、訳わからぬ事を言われましたが、グダグダ言わずに送付先を教えろ~と一喝したら、問題無く教えてくれました。

また、この時両親が、また自分が借金をするのではないかと勘違いして、喧嘩になったりもしました。

喧嘩になろうが、金融業者Aに何を言われ様が、返してもらえるものは返してもらう。

そんな気持ちで、せっせと動いていたのですが、金融業者Sに連絡した時、自分の怒りは頂点に達してしまいました。

金融業者Sへ連絡

金融業者Aの次に電話をしたのが、金融業者S。

とても大変でした。

まず、テレフォンセンターに電話をして、過払金返還請求書を送りたいので、送付先を教えてくれと言った所、最初は柔らかい口調の女性の方だったのですが、上司?の男性の方に代わり、「誰の入れ知恵ですか?」、「そんな事をしても、返ってきませんよ?」等というふざけた対応をされました。

さったと法務部に繋げ!と一喝した所、録音させて頂いているので、その様な話し方は、後々不利になるのでは?等とも言われました。

この糞上司と15分程度電話をした後、やっと法務部に繋いでくれました。

法務部に、事前の許可無く録音とは、普通ではありえない事なんじゃないですか?と聞いた所、録音等はしていませんとの回答…。

もう、訳わかりません。

最初の担当者に、過払金返還請求書を送りたいのですが、送付先を教えて下さいと言ったら、私ではわかりかねます。との事。

だったら、他の担当者に代わって下さいと言うと、他の担当者は今いませんという不可解な対応…。

これを永遠と繰り返していました。

頭にきて、またもや一喝。

なんとか、送付先を聞き出す事が出来ました。

金融業者Sの対応は、本当にひどかったですね

金融業者Pへ連絡

金融業者Pは、金融業者Aや金融業者Sと異なり、非常に丁寧に話をしてくれました。

まず、自分が過払金返還請求書を送りたいと言うと、すぐに法務部に繋いでくれました。

そして、取引履歴を確認してくれ、電話口で和解案を出してくれました。

金額として、実際の過払い金は31万円。金融業者P側は、自分達は悪意の受益者では無いのでとの事で、和解金30万円で納得していただけないかとの事。

面倒な裁判をする必要も無く、裁判費用を出す必要も無く、電話一本でこの対応。

素晴らしい!と思ってしまいましたよ。

自分はその和解案に納得し、後日和解書が自宅に届きました。

返送すると、口座に30万円、問題無く振り込まれていました。

さて、後は金融業者Aと最悪な対応だった金融業者Sとの戦いです。

なぜ、金融業者Pの様な円滑な対応が出来ないのでしょうか…。

金融業者Pは、自分の非をきちんと認めて、偉いと思いますよ。

金融業者Sから、和解案が届く。

金融業者Sの方に過払い金返還請求書を送ってから、2週間ほど経過した日。

自宅に、金融業者Sからの和解案が届いていました。

何でも、裁判はしたくないので、和解の方向性で何とかならないかという連絡。

自分は、金融業者Sに散々な対応をされたので、「裁判だ!!」と意気込んでいましたが、冷静に考える事にしました。

裁判をすれば、間違い無く私の勝ちです。

裁判費用は1万円かからない程度。

そして、金融業者S側も、強硬な態度を示していましたが、諦めたのでしょう。

和解金額、35万円という事で、私の方も納得し、書類を記載し、返送しました。

すると、すぐに銀行口座に振り込まれ、謝罪の手紙が届きました。

金融業者S…偉いんだか、最悪なんだか、わかりません…。

まぁ、しっかり対応してくれたので、最終的に良しとしましょう。

金融業者Aは裁判希望らしい…

金融業者S・金融業者Pの問題は片付ける事が出来ました。

しかし、まだ片付いていないのが、金融業者A。

金融業者Aから書類が届いたのですが、裁判を希望する様な文言。

金額は38万円という大きな金額で、負けるのはわかっているはずなのに、なぜ裁判をしようとするのか、理解出来ませんでした。

諦めさせるための方法だったのでしょうか?

金融業者Aの法務部に連絡。

提訴を検討しているとの事を言うと、上司の様な人が対応してくれ、和解案を作成し、送るから、提訴するのを待ってくれとの事。

やはり、諦めさせるのが狙いだった様です。

そして、金融業者Aから和解案が届くのを待ちました。

金融業者Aから届いた和解案

さて、消費者金融Aが和解案を作成し、送ると言ってから、1週間程度。

自宅に、和解案が届きました。

内容は、35万円で和解してくれないかとの事。

それが無理なら、裁判で提訴してくれとの内容。

実質、過払金は38万円ありましたので、それからマイナス3万円。

裁判費用・手間等を総合的に考えると、送られてきた和解案で和解するのが一番と判断し、和解書を取り交わしました。

すると、すぐに銀行口座に35万円が振り込まれて、一件落着。

案外、過払い金請求って簡単?なんて思ってしまいました。

和解で解決するのは稀。

私は、比較的早い段階で過払い金返還請求を行ったので、和解・和解・和解と、ポンポン事がスムーズに運びました。

しかし、現状、和解で解決するのは稀な様です。

金融会社側でも、過払い金の返還で大きな痛手を受け、現在では一つ一つの返還請求に、かなり強硬な態度で臨んでくるとの事。

私の場合は、一人で必死に頑張った結果、何とか過払い金を取り戻す事が出来ました。

しかし、皆さんには、現在の現状を考えると、素人一人で立ち向かっていくのは、少し無謀な事なのかもしれません。

多少お金がかかっても、弁護士・司法書士に依頼するのが、良いのでは無いかと思います。

最後に

グレーゾーンが撤廃されて、2006年度以前に借金をしていた方のほとんどが、払わなくて良いお金を金融会社に支払っているはずです。

過払い金返還請求は、面倒ですが必ず成功します。

失敗した、返ってこなかったという話を私は聞いた事がありません。

現在では、過払い金返還請求を専門として行っている弁護士、司法書士も存在してみます。

すぐに弁護士・司法書士に相談というのでは無く、自分で取引履歴を請求して、どの位の過払い金が発生しているのか、把握する所から始めましょう。

弁護士・司法書士に依頼するのは、お金がかかります。

過払い金請求を行って、結果マイナスになってしまったら、何の意味もありません。

事前にどの程度の過払いが発生しているのか。

その位は、自分自身で把握するべきだと思います。

そして、その後、弁護士・司法書士に依頼するか、しないかを検討する様にしましょう。

現在では、個人で過払い金返還請求を行っても、門前払いが良い所です。

必ず、法律のプロの力を借りなければいけません。

しかし、行えば必ず過払い金は返ってきます。

諦めずに、状況をしっかり把握した上で、過払い金請求を行ってみて下さい。